eigonだって泳ぎたい あひる解剖学

あひる解剖学 hatta method  * BODY WORK

3月のカラダ

 

おはようこんにちはこんばんは

今日から3月ですね。

この頃から花粉症、、みたいな人が増える感じ、、

今日はそんなお話。

(*^◇^)あひる解剖学×3月のカラダは左半身ゆるめ。

 

f:id:eigon:20210301083248j:image

 


以前紹介した片山先生の整体かれんだーからすると、3月は、三寒四温の繰り返しで

1年の内で一番のぼせやすく、実は秋冬口より食欲が増す季節。

2月の右の骨盤の開きによる左半身の緊張が緩みだそうとしますが、また寒くなると緊張するため、緩みにくくなります。

骨盤と腰椎1番が持ち上がることでのぼせになるそう。

お腹の力が抜けて頭だけがのぼせると、無性に甘いものを食べたくなります。

のぼせは、額に優しく両手を当てたり、手の三里や外関のツボを温めると効果あります。

三里は肩こりや胃腸に効くツボなのでよく温めるといいですよ。

 


特に花粉症には、左半身の首・肩・広背筋・左足アキレス腱の緩めがオススメ。

広背筋は背中にありますが、肩前上部から付着しているので、巻き肩クセのある人は相当ひっぱられて、背中が張ります。(神経も実は胸からです)

その状態で、体側のストレッチとかをすると、肋間神経痛になったりします。

特にこの時期の左側はなりやすいです。

我慢してまでやることではないので、調整や軌道修正をしてから運動に臨むことをおすすめします。

肋骨についている前鋸筋も使えてないと前身頃下に落ちて二次被害三次被害になります。

背中上部を上げて、そこに広背筋を引き戻して(背中側に)呼吸することで解消されていき、花粉症が軽減されます。(上げて移動は、パネルパズルの要領、揃うと気持ちいいですよね)

私のオススメは、右足を左足上にクロスしヒザ同士が上下に重なるようにあぐらをかき(右ヒザ立てても良い)左手を左後ろにカップリングでつき、カラダを軽くひねり数回大きく呼吸する、をゆるめてまたするを2.3回。

インナーの腹筋(腹横筋+内腹斜筋を順番に使う)を背骨にのり巻きみたいに巻くイメージを〜。

ひねりが目的ではなく、広背筋を戻す、前鋸筋を上にあげ肋骨の落ち込みを防ぐことです。

筋肉は骨を安定させるためのボディガード役。

エンダー♪by Whitney  Houston

筋肉で骨を落としてはいけないあるよ。

 


clubhouseのroomで知り合った鍼灸師のしほ先生に、額(眉間近く)にある印堂が花粉や腰痛に効果あると聞きました。試してみて下さい。

筋肉をもみほぐすだけがケアではないので、色々な面でのアプローチを試して、ご自身に合うものを探しましょう。

強い刺激より、ふんわり手を当てる、さするなどが基本です。

筋膜(ファシア)リリースをする場合も、例えば、柔らかいお豆腐が壊れない程度に圧をかけ揺らす、ような感じがオススメですー。

デリケートですぅ。

セルフケアも達人級になりましょう!

 


ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy  day ( ^∈∋^ )/

 

 

 

 


#あひる解剖学理解体芯緒

#あひる青本と黄色本

#3月のカラダは左半身ゆるめ

#肋骨を落とさない

#のぼせは三里合谷外関のツボアプローチ

#胸の

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オススメの本

 

 

 

おはようこんにちはこんばんは

(*^◇^)あひる解剖学×オススメの本

 

f:id:eigon:20210228094304j:image

 


解剖学を勉強したいのですが、どの本がオススメですか?とよく質問されます。

聞く人を間違っているよ笑 

 


私は殆ど資格を持ってなくて、独学です。

自分の経験したカラダといらしてくれる方々のカラダが教えてく下さる!その経験値のみです。

(簿記1級と自動車免許はあります笑、あ、IYCきれいになるヨガ資格とかいうのありました💦) 

背景には…バレエとかダンスの先生って、資格無いんです。

習い事は皆そうじゃないのかなぁ〜?ピアノの先生とかも。

 


近代になり、ヨガやピラティス、〇〇トレーナー、〇〇イントラとかのお仕事が増えて、資格制度になっていると思います。

日本では資格で人を判断する傾向がありますよね?

そういう意味では私はカヤの外。だから私に聞かないでぇぇ。

 


解剖学と言っても、目的が何かにより大きく変わってくると思います。

お医者さん、理学療法士作業療法士、柔整、、などは専門書が必須。

トレーナー・イントラさんは、その資格の養成の時に準備されているテキスト。

他は、個人的に本を選ぶことになりますね。  

BODY WORKと一言で言っても、今は本当に多様化していて、マインド、瞑想、カラー、アロマ、スピ系、トレーニング、道具や機械を使う方法、栄養学、武術、東洋系、西洋系、ツボ、経絡、免疫療法、民間医療系、ヘッド、さまざまなメソッド系、音楽療法エステ、ケア、様々な手技の整体…枚挙にいとまがありません。

全部必要といえば必要。

エビデンスがしっかりあるものも、胡散臭いものも、見えないものも私は皆一理あると思います。

結局は、自分が本当にやりたいことや好奇心の方向で探す。またやっていく内に新たな出会いがあったりします。

 


自分や親族が大きな怪我や病気や失敗などを経験した人が氣付き、BODY WORKに入るパターンが多いような氣がします。

 


何をすればいいですか?

は、当たり前ですが、自分が経験して自分で決めるしかないですぅー。

自分の得意をいかすことも大事だと思います‼️

日本に多くのトレーナーさんやイントラさんがいらっしゃるけれど、個性、オリジナリティが大切になるような、、、。

あれもこれもしたくなるけど、〇〇のことは、この人に聞くといいよ、の人になるといいんじゃないかな?

氣をつけることは、個性を通り越すと、【我】になること。そこは私も沢山失敗も反省もあります💦

それもこれも経験値です。 

焦らず【今】を楽しんで下さい!

 


私は本はかなり多岐に渡りで読み漁っています。

 


学んでいるうちに、段々自分にしっくり来るものに出会ったり、そうだと思ったけど違ったり、その繰り返しです。

未だによくわかりません💦

 


ここ数年は、神経にズームインしているので、今回ご紹介する本を掲載します。

clubhouseのroomで知った町田先生のご本です。 

おそらく専門家の試験向けの本でもあると思いますが、特に神経の本は、部所ごとに細かくわかりやすい図と説明があるのは過去に無かったと思います。

オススメですー。

筋肉の起始・停止は、動く、ケアに大事な知識です!

私はカラダが動くようになるにはどうすればいいのかを知りたいだけのオタクなので、専門的なことは、専門書でどうぞ〜です。

 


資格があっても仕事にならない人もいるし、資格がなくてもなんか仕事になっている人もいます。

なかなか難しいところですね。あはは。
人格も、、、実は一番大事かも。てことで私は逃げます〜=3=3www


一つ言えることは、いつまでも学びは続けるのが良いかと思います。謙虚に素直に。

BODY WORK業界も、誰かの幸せのために邁進しているはずです。

その一員になるのだから、沢山学んで、自分が感じていくしかないと思います。

何が正しい、正しく無いのジャッチはせず、、

見えないけれど、神と自然と愛が先生であり、それにはかないません。

だから人間はいつまでも学びを続けるしかありましぇ〜ん。

インプット→アウトプットする力を‼️

具現化するための想像力も大切です。

 

 

 

ちなみに2017年までのオススメは下記です。

それ以降もありますが、多すぎて書ききれませんのでオススメの本で検索下さい。

直接的な解剖学の本より違う世界のが多いです。そこに実はヒントがあります。

読んでも読んでも終わりしぇん。

 


https://eigon.hatenablog.com/entry/20170429/1493427636

 


3/3のオンライン講座は、神経がテーマなので、ぜひ町田先生のご本、オススメですぅ。てことで。

火曜午前がお申し込み期限です。よろしくお願いします。

 

 

ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy  Sunday ( ^∈∋^ )/

 


#あひる解剖学理解体芯緒

#あひる青本と黄色本

#オススメの本

#まずは自分でしっくり行く方向へ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

仙骨を使えるように!

おはようこんにちはこんばんは
今日は仙骨のお話。
骨盤の真ん中の面の骨です。とても大事な骨。
女子は34歳くらいで完成とも言われていますよ。
ご興味あればどうぞー。
(*^◇^)あひる解剖学×仙骨の重要性。
モーグル選手小学6年生のケース。
スキー板を履きながらの競技故、特別なケースではありますが、実はヨガのポーズにもある形や、歩き方や動き全般に仙骨を使えるとパフォーマンス力がぐんと変わります。

カラダの部分の【使える】は脳で意識してドリルが必要。
算数ドリルと全く同じです!
部分と言っても、できるだけ全身運動と捉えてみて下さい。

f:id:eigon:20201109065014j:plain




仙骨を使いたくても、対極の前身頃が閉じていては使えません。
そう解釈すると、自ずとやることは見えてきます。 
姿勢は勿論、上・下半身との連動がスムーズにできないとカラダは動かないようにできています。
動き方は物理学でもあります。賢くいきましょう。
決してグイグイ行かないよう注意が必要です。
筋肉で押し込むのは一番危険です。
この場合、腰で押したり、肩甲骨を寄せてぎゅっと背中を使うのは危険で、緊張のチリツモになり、どの動きにもその使い方のクセが出てきて、いつかぎっくり腰や腰痛、背中を痛めることに繋がります。できているように見えても、使い方が無理クリだと危険ということです。
筋肉は骨が安定して動くためのSPであり、危険時にいつでも発動できるように、【いざ鎌倉精神】で、弱っちくしとかないで下さいね。
低下させないための歪み補正と鍛錬(インナートレ)は大必要です!


BODY WORK by eico hatta



f:id:eigon:20210226104430j:plain





動画の左側、手前黒ジャージがafter。輪郭がしっかりして、カラダの線もまっすぐになりましたね。
椅子生活が多いと、どうしても骨盤が後傾しがちor前へ乗り出し腰を押しがち、どちらかです。
どちらもあっかーん!
あひる青本・黄色本に座る時のポイントがありますから、ぜひ復習下さい‼️
【女子の股ギュー問題】に陥らないようにね。
やったことは、
・鼠蹊部の静的ー動的ストレッチ
・背部ケア
・首・肩と股関節周りのケアと動的ストレッチ
アゴまわりケア
などなど。
一つ一つ邪魔になっているものをクリアすれば、誰でもこうなります‼️
ぜひ【仙骨】がラクに動くカラダに‼️
仙骨】は、硬膜と神経が大きく関わりますし、角度が重要ですよー!
特に唾液分泌腺がありますから重要なのはよくわかると思います。ちゃんと動かないと虫歯にもなりやすいですー。
これらを知った方がもっともっと動きやすくなりますにょろ!
リアルレッスンでねぇぇ。
全身が参加してくれると、部分の負担は軽くなります。
木を見て森を見ずにならないように。
森ばかり見て、木がぼけないように。
いい塩梅でね。
今日もオンラインレッスンでラボしましょう!
ではまたね〜!(*・◇・)ゞ
happy weekend ( ^∈∋^ )/


3/3水曜 14時〜15時オンライン講座 のご案内




(*^◇^)あひる解剖学通信♪
急で申し訳ありませんが、来週の3/3水曜 14時〜15時オンライン講座を開催します。
短い時間ですが、カラダのことを知って、動かすことが少しでも好きになってくれたら嬉しいです。
解剖学というと難しくなりがちですが、少しでもわかりやすく説明します。
楽しくラボしながら、ご自身のカラダを感じて欲しいです。

f:id:eigon:20210225220951j:plain





今回【神経と動き】の入門講座です。
タイトルは、
【「神経を通す」と秒で体が変わる!】
合言葉は
【神経が通ると動きも通る】
少し大袈裟なようですが、実際そのくらいのことが起きます。
でもカラダのことは、ショーではなく、普通にシステムを知り動かせば元来「動くようにできている」ので、当然といえば当然です。
あまり変にこねくり回さず、シンプルに骨も神経も液体もまっすぐ通せばいい、ということです。
【姿勢】もよく取り上げられますが、文字通り【勢いがつく姿】にしますよ〜!
脳で(頭で)神経を意識するだけでも、簡単で効率良くいい動きになっていきますので、子供の頃のような運動神経と感覚神経をまた磨いていきましょう。
ありがたいことに、club houseの roomの「治療家・トレーナー・ボディワーカーのクラブハウス戦略会議」で繋がった皆さんが背中を押して下さいました。ありがとうございます。
筋トレとかケアの他にも、使い方や動き方を変えることで、どの動きも生活も、神経を通すことに意識を向けると自ずといい動きに繋がりますよ〜、ケアも最小限でいいですよ〜、というようなことをお話ししたいと思います。
一緒に、簡単な神経のお勉強と数個のラボをしながら【神経様】のありがたさをまずわかって下さると幸いです。
地味なようでカラダには大きな氣付きだと思います。
解剖学は試験を受けるような方には相当難しい内容で、色々覚えることも多いですが、それ以外の方でも難しく考えずに、自分のカラダなのですから、自分で少し知って、心地よく動ける生活を送って欲しいです。
普段運動をしていない人も、健康ではいたいはずです。
健康の三要素は、
栄養・睡眠・適度な運動 
です。
【適度な!】!が本当に大切なところです‼︎
たとえ【ばえ】なくても、地味でも、カラダに本当に大切なことを少しでも地道にやっていきましょう。
スポーツや特別なことのための運動ではなく、生きるための適度な運動が最優先です。
10数年ほぼ毎日、ブログでも動くカラダに関することなどをジャンルや年齢に関係なくご紹介していますので、もしどんなことなの?と氣になっていただける方は覗いてみて下さい。
一つでもお役に立ちますように。
講座はピンときたら、どなたでもご参加できますので、平日の午後ですがご都合つく方はよろしくお願いします。
ご予約お待ちしております♪

■【あひる解剖学ラボ ON LINE「神経を通す」と秒で体が変わる!】
日程:3月3日(水)
時間:14時〜15時(60分)
料金:¥4,000(税込)
会場:ZOOM
お申し込み:https://eicohatta.com/contact/

HP コンタクトページより「3/3オンライン講義」を選んで頂き、必要事項を記入してご参加下さい。詳細を返信にてご案内します。

その他:
・動きやすい格好でご参加ください。
・カメラビデオONを推奨いたしますが、ご事情のある方はその限りではありません。・録音・録画はご遠慮下さい。


詳細は、FBのイベントで立ち上がっていますので、そちらをご覧ください。

 



https://www.facebook.com/events/1131908743925013?acontext=%7B%22source%22%3A%2229%22%2C%22ref_notif_type%22%3A%22plan_user_associated%22%2C%22action_history%22%3A%22null%22%7D&notif_id=1614255883621533&notif_t=plan_user_associated&ref=notif


お申し込みは、HPのコンタクトからどうぞ〜。
https://eicohatta.com/contact/







#あひる解剖学理解体芯緒
#あひる青本と黄色本
#あひる解剖学オンライン講座



重力をのりこえて!脳とカラダの無意識のシステム

 

 

おはようこんにちはこんばんは。
今日はカラダの無意識の反応のお話。
また長いので、ご興味あればどうぞ〜。


(*^◇^)あひる解剖学×重力と歪みと安心と不安定の変なスイッチ。
写真はヨガを楽しむ方の臨床。

 

f:id:eigon:20210225092134j:image


・ 
あぐらでは股関節が開きリラックスできています。
立位になり木のポーズをすると右脚の方だけ開かなくなります。
彼女は右鎖骨を骨折したことがあり、ついつい避けてしまうので左重心になりがち。

座って開いているから立っても開ける、とは限りません。
そこが難しいところです。
【脳】がストップをかけてしまうと、可動域が出なくなりす。
また【重力】がかかってくると【反応】してしまいます。

考えてみると、私達は常に何かに【反応】してカラダを動かしているとも言えます。

人に反応
物に反応
ケガに反応
自然や四季の変化に反応
左右差に反応
などなど。

脳は、自分の体内の感覚をモニターしながら自律神経の反応を調節していると言います。
少し専門的に言うと
島皮質・眼窩前頭皮質・前帯状皮質扁桃体などが関わるそう。(覚えなくてもなんとなくそうなんだ〜スタンスで)
これらがうまく働かないと、彼女のように正確に認識できない、オーバーリアクション=自律神経の過剰な反応を起こしがちになっていくシステムになっています。

システムを理解し、それにとらわれないように、脳に大丈夫と言い聞かせながら、

・重力がかかる立位
・床の接着による安定から、空中や片脚というの不安定
・怪我による怖さ、避ける感覚
・いつもそこに陥るプチストレス

などに影響されないようにするトレーニングも必要です。
フィジカルでは、
立位で出る無意識の緊張によるカラダの防衛反応の閉じ方をストレッチなどで開いてあげることや、上半身の荷重をコアトレで上げてあげることで脳にも安心を与えます。

整体などでは、ベットで寝かせてケアしますが、それは重力がかからないと、筋肉は柔らかくなるのでほぐしやすいからです。
その後、立たせて重力の中でどうかも確認させます。
ここが重要なのです。
我々は【重力】の中で生活して運動もしています。
だから【抗重力筋】という名称があります。
だからといって構えることはなく、重力とうまく付き合う術を知ることです。
【たたかう】のではなく。

彼女がつま先立ちをすると、立位で開かない右の方が足首が外側にぐねりうまく立てません。
それは、またこれカラダの中の【平衡を保つシステム】により、開かない股関節が内に入るので、足首を外側にしてプラスマイナス0にしようと【反応】しているわけです。

左軸で重心が行くことにより、上半身と脚の付け根が内反してしまいます。
真ん中のヒザはほぼ旋回しないので、間に挟まれたヒザは両先端の逆向きに我慢し続けいづれ壊れたりします。
両方が同じ向きになるよう【カラダの使い方】を変えない限り危ない状態は続きます。

このように、自分のカラダの状態を検証しないと、ただ開かない、ひさが痛い、足首がぐねる、だから、痛いとこをほぐす、だと、いたちごっこなだけで、根本解決にはなりません。
カラダの知識や難しい用語を覚えても、カラダを操れないと仕方ありません。
壊れたら病院やリハビリにお世話になるかもしれませんが、その後はまた自分で使い方を覚える必要があるわけです。

使い方、動かし方をレッスン後のafterは、右もちゃんと開き、足首もぐねらず、安定したつま先立ちになりました。
これを継続して、【大丈夫】と脳に言い聞かせることをしていけば、ケガからも克服できていきます。
少しでも前進しましょう!

脳での無意識の行動は自律神経の調整だったり、システムによる、ということも知りましょう。
カラダの中に地球防衛軍がいますよー。
我慢するのではなく、変に戦わず、支援してくれる防衛軍を利用しましょう。
カラダの動きの臨床は面白くて病みつきなあひる解剖学です。

水の中のスポーツは、旧シンクロ、水球、競泳、飛び込みなど関わらせて頂いていますが、重力と重力の無い世界を行ったり来たり。かなりすごい競技です。
だから沢山体力を消耗しますので、沢山食べます。笑
痩せたい人は水の中へとびこめー。笑
泳げない私は陸で汗かいてべそかいて運動してます💦

ではまたね〜!(*・◇・)ゞ



happy day ( ^∈∋^ )/

 

 

 

#あひる解剖学理解体芯緒
#あひる青本と黄色本
#重力と無重力を考えよう
#抗重力筋だけどそうしない
#ケアよりカラダの使い方
#良いも悪いも発動する平衡を保つシステム
#自分のカラダを知ろう
#開かない根本原因をさぐろう
#脳と心がが開けばカラダは開く
#安心と信頼のカラダの使い方
#やればできるティモンディ高岸風

神経を通して手首を柔らかくしよう

 
 
おはようこんにちはこんばんは。
▼あひる解剖学掲示
すいません、お陰様で【あひる青本】在庫無しです。(なぜか急に申し込みが多いので増刷します。二週間くらいお待ち下さい)
黄色本は数冊(一桁)あります〜。


(*^◇^)あひる解剖学×神経を通して手首を柔らかくしよう。(オンラインレッスンから)
手首の硬さは肩こりとリンクしますよぉ。
パソコン・スマホ・演奏・お料理・手芸・スポーツ特に着手多めなどなど。
一つの方向に長時間していることで腕全体に影響します。
少なくても腕なら指先から肩甲骨まで。
腕のついている【肩】といっても解剖学的には5関節のことを言います。
(あひる黄色本p64参照)
それらを脳の指令により動かすのは、電気の通電のように、きちんと脊髄、末梢神経を通じて筋肉に伝えなければなりません。
また反対に、動く先(受容器)の皮膚の感覚を運動と逆の通路を介して脳に伝えているのです。
手(上肢)の運動は脳の命令としては頚髄(首)から出ている動かす場所のの末梢神経に伝えます。
だから顔が前に出て首に負担がかかる人は、手がうまく動きません。
その仕組みを知って動くようになるとやられている運動が楽しくなりますよー!
動かない動かないと感じながらやったらプチストレスです。
手首の硬さはまず考えられるのは、前腕の滞りです。(無論他にもありますがセルフケアの範囲内でできること)ケアして下さいね。老廃物をリンパケアのように心臓に戻すのがオススメ。
(その前に鎖骨・脇下・肘内側・手首のリンパ節をさすってから)
腕の神経を通すにはひたすらまっすぐとおまじない。笑
肘関節の整え方がありますぅ。それはレッスンでね。(ニンジンぶら下げますw)
afterは動きが全然違いますね。しなやかぁ。そして腕全体、肩甲骨から動けています。
動けるとさらに動く事自体がカラダほぐしになるので、疲労が無くなり、動けば動くほど全循環になります。
中のリンパ液や血液も心地よく流れますでしょう、奥様。
ケアがブームにもなっていますが、道具が無くても、自分のカラダが道具でもあるので、ぜひ使ってない場所を呼び起こして【全員参加】の動きにして下さい‼️
私はコンテンポラリーダンスをしていたのでこんな風な動きもBODY WORKに取り入れています。
姿勢よくやってぜひマネしてみて下さい!
柔剛一体。体幹を剛く四肢は柔らかく‼️
くらげになれ〜!
 
ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy newweek ( ^∈∋^ )/


距骨‼️

おはようこんにちはこんばんは。
その後のclubhouse3。
今日も長いですよー。ご興味あればどうぞ〜。

(*^◇^)あひる解剖学オススメの本

 

f:id:eigon:20210221110826j:image



昨夜はclubhouse、お世話になってるYOGAのちゃま大先生がいらしたので、【治療家、トレーナー、ボディワーカーのroom】にお邪魔しました。(ちゃま先生勝手にタグ付けしましたぁしゅびばしぇん🙏)
テーマが【距骨】だったので、バレエ解剖学的ボディワークの観点からお話しさせて頂きました。
(その前に、他のroomで、フィンランドの眼科看護師の日本女性の方から貴重な【目の話】をお聞きしました。
目のことはカラダの背面に関わるので、とても興味がある事項。感謝です。本当に色々な病氣とリンクします。そして、目にはビタミンDが必要ですぞ!)

人の筋肉の働きは小脳が司っています。ここ大事。
神経は中枢神経と末梢神経で大別されますが、難しいことはさておき、自分の意思で動かせるものもそうでないものも、脳幹からの末梢神経により脳と脊髄以外の全身に神経が張り巡っていてそれを大切にしないと様々なことを阻むことになることを理解しましょう。(あひる青本p12.136 今更ですが図の末梢神経が抹消の誤字になっていたぁー、訂正してお詫びします。)
末梢神経はさらに体性神経と自律神経ですが、脊髄を通っていますので、外見のS字曲線とか、姿勢良くね!ということだけではないよ、ということに氣づいて行かないといっこうにカラダは変わりません。いっこうだけにどんだけー。大汗。

極端に言うと、例えば、背中のコリや腰痛などは、筋肉に問題があるわけではなく、前庭器官脊髄反射がうまく働いていないこと、つまり神経が通らないことが原因ということが言えます。(骨の変形や先天性な不具合が無ければです)視神経にも関連します。だから目のことも知りたくなります。

ヘルニアが良い例で、椎間板がつぶれて神経に触り激痛で動けなくなります。
また、殆どの人が経験あるはずなのが、正座を長時間すると、痺れて立ち上がれなくなります。これも神経圧迫による不具合。
座高神経痛も、股関節、足と脚のねじれ、上半身の荷重、歪みなどが原因です。

だから逆に【神経をまともに通す】ことをすればカラダは動くということです。痛みもスッと嘘のようにとれます。
ケアより使い方や姿勢ということ‼️
神経を圧迫しない‼️
そのようなお話をしてみました。
やはりカラダのプロ集団!
ご興味ある方が多くいらしたので、今度講義をすることになりましたよ。話が早いっ!
抗議でなければ良いですがw
お役に立てるよう頑張ります。

私としては、長年のBODY WORKを、カラダのプロの皆さんにお伝えするのが、その先の方々に伝わるのでてっとり早いのではと思っていて、色々活動してきましたが、、。自分の発信方法がいけないのか、実は諦めかけていたところでしたよ。
今回まさかのclubhouseで需要があり素直に嬉しかったです。(殆ど初めましての皆様でした。快く受け入れて下さりありがとうございました💖謝謝)
御隠居はあと少し延期して、お伝えすることに専念しますね。
勿論直接関わる皆様には引き続きお伝えします。


テーマの【距骨】については、二足歩行になった時にできた立位の下半身の軸のラインのお話。
その3本は、全て距腿関節に交わっているから大切だよ、という話をしました。
ツボの三陰交と同じようなイメージですね。 3つが交わる所。
(有料レベルの内容と言って下さいましたが、知って欲しいから必死ですよ。笑)

運動の中心軸ラインと荷重軸ライン(ミクリッチ線)、そして大腿骨ライン。
(あひる黄色本のp76参照)

このラインの内、外側が、バレエのアンディオールの位置です。
ヨガはパラレルが基本ですが、これを間違うと【距骨】がずれる場合があり、股関節を痛めます。要注意です!

【距骨】は人体で唯一筋肉がつかず、ある意味浮いている骨。(ちなみに肩甲骨も筋肉はついていますが、ニュートラルは浮いてる状態にしとかないといけない骨なんですよ)
だから使い方次第、クセ次第で建物の基礎から簡単に崩れやすくもあり、きちんと積み上げれば良いパフォーマンスにもなります。
あなたの乗り方次第、ということです。
それに早く氣づいて、やったもの勝ち!にするために、読んで欲しいのがこの本‼️です。
▼▼▼
【距骨を整えれば不調が治る】
https://www.amazon.co.jp/MAG-MOOK-距骨を整えれば不調が治る-マガジンハウスムック/dp/4838752652/ref=mp_s_a_1_1?dchild=1&keywords=距骨+本&qid=1613843492&sprefix=距骨&sr=8-1

昨夜は作者さまとお話もできました。
是非ご覧下さい‼️
良いものは実践して納得し継続しましょう!

解剖学というと専門家のやること、と避けがちですが、自分のカラダのことです!少しカラダの知識をいれましょね!
まずは無知の知です!
治療家、ボディワーカーも頑張って地味ですが大事なことをお伝えたいのです!よろしくお願いします。
受信力つけましょう!
距骨に乗ってけ乗ってけ〜
surfing USA🏄‍♂️


てことで。
足は人体の基礎部分!
しっかり基礎工事して下さいよぉぉ!
足に関してはあひる黄色本で特集してますので熟読下さい!
ゆるめるだでなく、インナーのトレーニングも一緒にねっ‼️
ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy day ( ^∈∋^ )/

#あひる解剖学理解体芯緒
#あひる青本と黄色本
#距骨を整えれば不調が治る
#下半身の軸ラインを知ろう
#距腿関節を意識