eigonだって泳ぎたい あひる解剖学

あひる解剖学 hatta method  * BODY WORK

あひる解剖学青本follow up WS

 

 

おはようこんにちはこんばんは
昨日は青本のfollow up WS。

 

 

f:id:eigon:20211018151853j:image

 


たまたまダンス関係の方々だったので、本に無いことも入れながら、少人数でじっくりマニアックなカラダの使い方をラボしましたーw

偶然「腹筋を固めてしまうクセ」がお二人の最近のテーマで、関連するコンディショニングやトレなどを実践。
セミパーソナルに探求できて楽しい時間でした。


(*^◇^)あひる解剖学×X脚と股関節可動と全身との関係。
(全身あちこち痛いケース)

臀部(尻)の緊張は、カラダの使い方や日常の椅子の座り方やデスクワークの姿勢に大きな原因があり、股関節の可動域の邪魔にもなります。
これにプラスX脚だと太モモの外からの緊張が、腸腰筋群に影響し、腰痛を引き起こして、骨盤後傾の時間が長くなると、ぎっくり腰になります。

X脚は、下半身全体をずっしりとしてしまう傾向にあり、上半身だけ動かす時は、支点になり動きやすいですが、カラダ全体を自由に動かそうとすると、そのずっしり重たいものを動かさないとならないので、自然と負荷がかかり、通常より多い力で動かなければならないので全身も痛くなります。
膝が過伸展(伸ばし過ぎ)になり膝痛にもなります。

X脚で外モモが中に入ると、お尻筋は引き止め続けますから常に緊張状態。
「お尻をほぐすしかありませんか?」
と昨日も聞かれましたが、
「使い方を直す、X脚を改善する、荷重軸にきちんと乗る癖をつける」と、改善していくと思います。
そうそうクセは急には変わらないので、ほぐしたり、歪みを戻したりするのは続けないとなりませんが。

右側腸腰筋のケアと荷重軸意識で、股関節の可動域と上半身のラクさを獲得でき、右膝はまっすぐに向きが変わりました。重心移動もスムーズに。

ケアや施術は、道具の手入れという意味でも、しないよりしたほうが良いですが、根本原因を探し出して、使い方や立ち姿勢を改善するのをオススメします。


参考ブログ「X脚の弊害」

https://eigon.hatenablog.com/entry/2021/06/29/162231


カラダのことも正解は無いかもしれませんが、システムを知ったりすると少しでもダメージを防げると思います。
少しマニアックな内容がお好きな方歓迎ですw


次回、青本・黄色本follow upは、10/31日曜14時オンラインです。
ではまたね〜!(*・◇・)ゞ



happy new week ( ^∈∋^ )/

 


#あひる解剖学理解体芯緒
#X脚の弊害
#全身痛い原因
#ケアより使い方
#臀筋痛い根本原因を探そう
#表裏一体上下一体
#合言葉は真犯人を探せ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

湘南散歩

 

 

 

(*^◇^)あひる散歩witiゆかいな仲間たち


昨日は、湘南ヒーリングウォーキング&笑いの会w
10年近くレッスンにいらしてくれている皆さんが会いにきてくれました。

 

f:id:eigon:20211017083113j:image


f:id:eigon:20211017083221j:image


f:id:eigon:20211017083223j:image



 


海を見ながら女子トーク、、、🐳
話が止まらない終わらないw

曇り時々小雨でしたが、それがまたラッキーを生みました。そうゆーのが面白いですね。


海辺散歩、美味しいランチ、酵素風呂江ノ島神社⛩(恋愛成就⁉︎)もそれぞれ楽しんでくれたようで…。
💖帰宅して早速、海の絵を描いて送ってくれたMちゃん、ありがと👏👏👏
素敵過ぎる❣️

 

オンラインでは毎週お会いしてますが、やっぱりリアルは格段に嬉し楽し💖


次回は冬の富士山と海を是非見せたい、、、。
ビーチレッスンしましょう!

 

皆さんありがとうございました🙏😊

 

(*・◇・) happy 秋♪

 

 

 

#サザンビーチ
#烏帽子岩
#酵素風呂
#江ノ島神社
#海辺ウォーキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あひる散歩♪

 

あひる湘南散歩♪

 

 

映画のようなワンシーン🎬

 

 

サーフィン🏄‍♂️の動き
見ていて飽きない♪

 

f:id:eigon:20211014133213j:image

 

f:id:eigon:20211014133413j:image

 

 

 

乗れる波までずっと待つ 
小波に乗ろうとしてやめる
大きい波に合わせて漕ぎ始め 
タイミングよく波に乗る
初心者は小波から挑戦

何度も何度も挑戦する

 

 

 

人生のようだ。

サーファーさん達ありがとう🙏

 

 

 

#湘南サーフィン
#海はリフレッシュの場所

左右差の弊害の例

 

 

 

おはようこんにちはこんばんは

昨日のポストの【左右差】、スポーツ競技になると、様々に弊害が出る例です。

マニアックな内容ですが、ご興味あればどうぞぉ。

(*^◇^)あひる解剖学×左右差の弊害

フェッテがうまく回れない新体操選手のケース。

 

f:id:eigon:20211013111429j:image


f:id:eigon:20211013111432j:image

 


◆検証

・フェッテの左軸の膝が中に入り過ぎ

体幹が不安定(タンジュでもグラグラ)

・右軸も骨盤がずれてしまう

・最近特に左足後ろの頭につけるジャンプを繰り返し練習したそう

左右差チェック(写真)(背筋トレにオススメ)

右足後ろが全くいかない(うそのような左右差でした💦)

これだけ胴体〜下半身に左右差がある 

◆行ったこと

腸腰筋群のストレッチ

・骨盤と胸郭の歪みの調整 

・荷重軸トレ

・引き上げコアトレ

・足の裏のセンサートレ(アーチ上げ)

◆結果

・右足後ろの反りが

・軸足の骨のアライメント(積み重ね)が揃いプリエが正しく出来てきた

・膝の痛みが無い

・荷重軸に乗れ、フェッテがラクに回れるようになり、ジャンプもパンシェターンもさらにラクに!

➡︎後は練習で継続して、正しい感覚を入力していくことです。

今回の例は、左足後ろのジャンプの練習→左右の胴体の歪みが生じ右胴体の緊張→左腸腰筋が内側に引っ張られ、膝が中に。

と言う弊害の例でした。

後ろ持ちやパンシェターンも同じ人はどれかを違う足に変えるなどするもいいかもしれませんが、どうしてもやりやすい方を選んでしまいます💦

この状態のまま、フェッテをしてもうまくいかないのは当然のことです。

このように、うまくいかない原因をなんとか探さないと解決にはなりません。

なかなか検証も難しいですが、このような例もあるということをご紹介しました。

【左右差】をぜひ注視下さい!

ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy  day ( ^∈∋^ )/

 

 

 

#あひる解剖学理解体芯緒

#左右差の弊害

#バレエ

#新体操

#前後開脚ジャンプ

#カラダのために左右両方行う

#フェッテ

#荷重軸にのる大切さ

#荷重軸トレ

#センサートレ

 

 

左右差 違和感をあえて感じる

 

 

 

おはようこんにちはこんばんは

ご興味あればどうぞぉ。

(*^◇^)あひる解剖学×左(利き腕と逆)の弱さを思い知る。違和感を逆に利用しよう。

 

f:id:eigon:20211012094718j:image


無線マウスになってから、何度か左手でトライしましたが、作業の遅すぎにイライラしてなかなか続きませんでした。

が、、今年の東京パラリンピックを機に思うところがあり、再開しました。時間に余裕がある時は、マウスに限らず日常動作にも意識的に左を使うようにしています。洗濯物を左手でとる、というだけでもすごい違和感です。

左右差というのは、腕一つとっても、それに対する動体や下半身のバランスの取り方や筋肉の緊張の積み重ねの酷さに驚きます。

左(利き腕の逆)操作にすると、たちまちカラダのあちこちに【違和感】を感じます。

利き腕ではもう麻痺して感じていない場所です。それを知るだけでも、ケアや歪み直しの一助になるかと思います。

 


レッスンに参加している方でマウスを両刀使いでしている人がいますが、やはり、カラダの左右差があまり無いので、不具合も少ないです。

 


左右差は、経年でさらに差が大きく開く一方です。

どこかで食い止めないと、いずれ【四十肩五十肩】になったり、骨盤も歪んで、後天性の変形性股関節症や膝関節症に繋がったりします。

スポーツでは、野球で100回素振りしたら反対も、というのがよく言われるように、左右をやることが大変大事です。たとえへなちょこでもやった方がいいです。

左右半身のバランスは無意識にしていることなので、怪我などにならない限り氣づきません。

例えば、仰向けでのいわゆる腰の捻りで行きやすい方、行きづらい方などがあると思います。その事が上記の歪みの一例です。

仰向けで膝を曲げて、片足ずつカカトで反対の座骨あたりを叩いてほぐすのもよくやりますが、利き足でない方はへなちょこで叩き弱かったりします。足の力の左右差です。

 


このように様々な【左右差】を感じることから、バランスをとる場所を知ってケアしていくことも、効果的なコンディショニングになります。

そして、弱い方の歪みの戻しや強化トレをオススメします。

左右差のチェック方法の参考ブログ

 


https://eigon.hatenablog.com/entry/2019/03/02/081202

 


他にも【左右差】で色々ポストしていますので、ご検索下さい。

 


【違和感】によりカラダのバランスの取り方や負担を感じられます。あえて感じる!ぜひそれだけでも実験してみて下さい。

寒暖差もカラダに影響がありますね。暑い昨日と涼しい今日。気温や気圧にも左右されない強いカラダに!ですね。

ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy  day ( ^∈∋^ )/

 

 

 

#あひる解剖学理解体芯緒

#左右差を僅差に

#利き腕利き足

#違和感をあえて感じる

#左右バランス

#四十肩五十肩

 

 

 

 

 

 

#寒暖差

足のセルフケアWS

 

 

 

おはようこんにちはこんばんは

 

(*^◇^)あひる解剖学通信♪
昨日は【足のセルフケアWS】。
全国から、一般、ヨガやダンスの指導者、セラピスト、施術家…と多岐に渡りご参加頂き本当にありがとうございました!多謝🙏(写真が一部で申し訳ありません)

f:id:eigon:20211010091428j:image


f:id:eigon:20211010091424j:image


早速感想をインスタにあげて下さった方もおられて恐縮てす。
彼女が言う通り、足部のケアによりカラダに多くの変化があります。
でもそれは、ケアをしたからというより、【元に戻った】からであり、最終的にケアが最小限になるようなカラダの使い方をすることに氣づいてくれたら、という思いです。
セルフケアは、姿勢や動作のスタートLINEに立つための一歩でごじゃいます。これからこれから。


【脚】の前に土台である【足】にズームインしたのは、やはりそこが基盤だからです。建物と同じです。
実践に入る前に座学も欠かさずします。
【理解】があると、【ポイント】を外さず向かいあえるからです。
闇雲にケアすればいいわけではないからです。
カラダの構造やシステムを知り、ケアすることを知って欲しいと思います。
怪我の時、通常時、頑張ってしまった時などでもケアの方向性は変わります。
結局は【個人】になり、標準化はできませんが、少なくても基本のアプローチの方法論はあるので、家庭の医学並みにしっておくのと知らないのでは大きな違いになるはずです。
毎日ケアしても改善しない、と言う方がおられたら、そのような所だと思います。
【腑に落ちる】と、次の段階も早くなります。

 

 

数日前にポストした足のリンクの他に、WSで使った足部の神経のイラストもあげます。ご参考になさって下さい。頑張って描きました♪

 

f:id:eigon:20211010091506j:image

 


(昨日もほんのさわりをお伝えした足裏ケアの【官足法】。足裏は膝上10センチ、と言う考え方があります。それを描いてみました)

【神経に触らない】ケアや使い方も大事大事‼️です。

色々な意味で、豊かなセルフケアになりますように。


【複雑はニセモノ。シンプルはホンモノ】という言葉があります。
私もまだまだそこに至れていないので、さらにシンプル目指して探求し続けます。
また機会がありましたらよろしくお願いします。


チャンスは逃さない、って大切だなと思いました。その時そこにしかないものを共有できる時間。ありがとうございました🙏  
にしてもやはりリアルがいいなぁ。伝え足りなくそこは悔しさが残ります。いつかまたご対面〜したいですね💖
ではまたね〜!(*・◇・)ゞ

happy Sunday ( ^∈∋^ )/

 

 

#あひる解剖学理解体芯緒
#セルフケアによる氣づきが大切
#カラダの使い方
#ご対面欲沸々
#官足法